肩こりは肩甲骨との関わりが深い?!辛い肩こりの予防方法とは

By admin

2018年12月19日

肩甲骨周りの筋肉の硬直

辛い肩こりは一刻も早く改善させたいですよね。肩こりになると患部に痛みやだるさを感じるだけではなく、ひどい人の場合は頭痛や吐き気などの症状を引き起こすこともあります。それではいったい、どうして肩こりになってしまうのでしょうか。実は、肩こりととても関係が深いのが、肩甲骨周りの筋肉の硬直です。前傾姿勢や猫背など背中が丸まって状態が長時間続くと、肩甲骨が背中に張り付いてしまい周りの筋肉は可動域が狭くなってしまいます。可動域が狭くなり運動できなくなった筋肉は、時間とともに硬直し始めます。筋肉が硬直すると筋肉の中を通る血管が圧迫され、肩甲骨周辺が血行不良になってしまうのです。その影響は肩や首にも及び、これらが肩こりの原因の一つになっているのです。

まずは姿勢を正すことから

肩甲骨周りの筋肉の硬直は、正しい姿勢を保つことである程度予防することができます。少し胸を張った状態で上半身が丸まってしまうことを防ぎ、肩甲骨と背中の間に常に隙間ができている状態を保ちましょう。こうすることで肩甲骨周りの筋肉の可動域を確保でき、硬直するのを予防することに繋がります。さらにもう一つ重要なことが、腹筋と背筋の筋力の強化です。正しい姿勢を保つには、上半身の体重を支える腹筋と背筋の筋力が必要になります。このように肩甲骨周りの筋肉が硬直しないように気を付けておけば肩こり予防や改善につながり、肩こりが原因の頭痛や吐き気に悩まされることもなくなるのではないでしょうか。

肩こりで痛い部分である「トリガーポイント」に、局所麻酔薬を注射する肩こり 注射は、一時的に神経を休ませることで、血行を良くし、筋肉をほぐし、傷みを軽減する治療法で、治療には保険が適用されます。