ほくろ除去をしてもらった後に気をつけたいケア方法

By admin

2018年9月20日

綺麗にほくろ除去をするためには欠かせないケア

美容整形クリニック等でほくろ除去をしてもらえますが、ほくろ除去は除去した後のケアはしっかり行うことが大切です。もし、ほくろ除去後のケアを怠ると、ほくろ除去してもらった跡が黒ずんでしまったりする事もあります。クリニックでほくろ除去治療を受ける時に、医師からその説明がありますが、よく話を聞いてしっかりケアをしていきましょう。

ちなみに、ほくろ除去後のケア方法についてですが、通常は軟膏を塗りその上にテープを貼ってケアをします。レーザーでほくろを除去する治療の場合、大きなほくろとなると除去後にぽっかりと穴が空いたようになります。その穴が元の状態になるまで、軟膏を塗ってケアをするのです。また、テープを貼るのは太陽の光が直接当たらないようにする目的があります。

ほくろ除去後は日焼けに注意

ほくろ除去後に特に気をつけたいことは、紫外線や太陽の光に当たらないようにすることです。太陽の光に肌が当たれば、日焼けをしてしまいますが、ほくろ除去をしてもらった場所が日焼けすると、黒ずむ原因になることもあります。ほくろを除去してもらうときは、なるべく日に当たらないような時期を選ぶか、日焼けをしないように普段から注意していきましょう。

ほくろ除去してもらった後は、数回ほどクリニックに定期検診に行くことになりますが、医者が良いと言うまでは軟膏やテープを貼るケアは怠らないようにすることが大切です。ほくろ除去後のケアはおおよそ3ヶ月ほど行いますので、その期間中だけは特に気を使っていく必要があります。しっかりケアをして、手術をした跡がわからないようにしましょう。

ほくろ除去とは、手術でほくろを取り除くことです。手術の方法としては、レーザーを使用したり、ほくろが大きい場合には縫合する場合もあります。