慢性的な腰痛は普段の姿勢が大切!簡単にできる腰痛の予防方法

By admin

2018年12月19日

腰痛を予防する正しい姿勢

慢性的な腰痛は、日常的な姿勢の悪さの積み重ねが原因のことがあります。また、日常的な姿勢の悪さは、突発的な腰痛を引き起こすこともあります。そのため、毎日の姿勢に気を付けると腰痛を予防することができます。

まず直立の姿勢においては、耳から肩を通り膝、くるぶしまでを結んだ線が真っ直ぐであることが基本です。顎を引き、腹筋に力を入れて背筋をピンと伸ばすのが正しい姿勢です。

座った時の姿勢は、椅子に深く腰掛けることから始めます。顎を引いて腹筋に力を入れ、背筋をピンと伸ばすのは直立の時と同じで、膝の位置がお尻より少し高い位置になるようにします。膝の位置がお尻より低い時は、足元を高くして調節します。

痛みを緩和するには、湯船にゆったりと浸かり温めたり、マッサージやツボの刺激が効果的です。

急性と慢性では治療方法も異なる

腰痛には急性的なものと慢性的なものがありますが、同じ腰痛でも治療法が異なります。急性は激しい痛み、慢性は弱いながらの長く続く痛みを指します。慢性的な腰痛は体を動かしたり温めたりして血行を促進し、痛みを発する物質を除去するのが正しい方法です。一方急性的な腰痛は、氷や保冷剤などで冷やしながら安静にし、炎症を抑制することが大事になります。間違った対応をすると、痛みを悪化させる場合もあるので気を付けましょう。

また、このような対処をしても痛みが改善しない時は、病院で診察を受けるのが賢明です。症状に合わせて痛みを和らげる薬が処方されたり、痛み止めの注射を打ってもらえるでしょう。

腰痛 注射ならブロック注射を行う方法があります。これで楽になれて、激痛が起こるぎっくり腰でも痛みが改善されます。